2020-06-01

欧州の衛星開発ベンチャーConstellRとMOU締結。世界最高峰の衛星群による地表面温度データのビジネス利用へ

​宇宙航空研究開発機構 JAXA認定の宇宙ベンチャー 株式会社天地人(東京都港区 代表取締役 櫻庭康人)は、欧州の衛星開発ベンチャー ConstellR(コンステラー)とのMOU(基本合意書)を締結しました。新たなパートナーシップにより、独自開発の土地評価エンジン『天地人コンパス』の機能拡張を行い、日本やアジアのような人口密度が高く、住宅や農地が密集している地域に向け、よりきめ細やかなソリューションの提供を進めます。

 

 

■パートナーシップの内容 

天地人は、内閣府主催の宇宙ビジネスアイデアコンテスト (S-Booster 2018)での受賞をきっかけに、JAXA職員と農業IoT分野に知見のある開発者が設立した宇宙ベンチャーです。これまで地球観測衛星のデータを活用した独自開発の土地評価エンジン『天地人コンパス』を使って、目に見えない気候風土の情報を解析し、果物をより美味しく育て、より収量も見込める新たな場所(ポテンシャル名産地)を発掘するプロジェクト等を行ってきました。

ConstellRは、ヨーロッパ最大の研究機関であるフラウンホーファー(Fraunhofer)やドイツ航空宇宙センター(DLR)等の支援を受けている欧州の衛星開発ベンチャーです。世界に先駆け、高精度に地表面温度を観測する超小型衛星群を開発しています。

 

▲12時間ごとに400~1000m分解能の地表面温度イメージ図(現状)

 

近年、地球の表面温度を取得するための熱赤外線センサを搭載した人工衛星への関心が高まっています。しかしながら、現状の大型衛星では空間分解能と再訪時間の制約があり、衛星による地表面温度データの分解能は一般的には12時間ごとに400~1000m程度でした。

 

▲12時間ごと50m分解能の地表面温度イメージ図(ConstellRによる観測イメージ)

 

ConstellRは、高分解能な熱赤外センサを搭載した超小型衛星のコンステレーション群によってその制約を解消し、12時間ごと50mを可能にする予定です。分解能が高くなることで、例えば、これまで難しかった農地ごとのきめ細やかなデータ分析や、建物単位での温度傾向の把握が可能となります。

天地人の独自開発の土地評価エンジン『天地人コンパス』へ、ConstellRの地表面温度を観測する超小型衛星群による衛星データを取り込むことで、土地評価サービスの可能性がこれまで以上に拡がります。日本やアジアのような人口密度が高く住宅や農地が密集している地域において、農業などの一次産業でのさらなる活用をはじめ、都市計画や不動産分野等への活用もこれまで以上に進む予定です。

ConstellRと天地人は2020年2月にフランス国立航空宇宙博物館で開催された宇宙関連の企業が集まる展示会「Paris Space Week」で出会いました。日本の宇宙ベンチャーが、海外の衛星開発ベンチャーとパートナーシップを結ぶのは極めて珍しいことですが、短期間で実現まで至ったのは、掲げるVISIONが似ているという背景があります。目に見える観測データ(可視光)だけではなく、目に見えない観測データ(熱赤外)の可能性を感じ、それらを使って人類の様々な文明活動に役立てたいと考えています。

観測データを提供するConstellRと、ソリューションを開発する天地人。お互いの得意領域を活かしながら、宇宙ビッグデータのメリットを最大限活用した土地評価サービスの開発・提供を進めて参ります。

 

■特許技術の土地評価エンジン『天地人コンパス』
宇宙では絶えず膨大な地球のデータ集めていますが、そのビッグデータの中をナビゲートしたいという思いを込めて、『天地人コンパス』と名付けました。今後、ビジネスにおいて最適な土地は、宇宙から見つけることを提案していきます。

天地人コンパス紹介動画:https://youtu.be/uA44Hnl042c

 

■ ConstellR 会社概要
会社名:ConstellR GmbH
所在地:Ernst-Zermelo-Str. 4, 79104 Freiburg, Germany
代表者:Max Gulde, CEO
事業内容:Global, daily temperature monitoring on the field level.
サイトURL:https://www.constellr.space/

 

■株式会社 天地人 会社概要
会社名:株式会社 天地人
所在地:東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産
代表者:代表取締役 櫻庭康人
事業内容:衛星データを使った土地評価コンサル
サイトURL:https://tenchijin.co.jp/

TOP