JAXA STARTUP
株式会社天地人

株式会社天地人は、宇宙ビッグデータを活用し、まだ誰も気付いていない土地の価値を明らかにしていくスタートアップ企業です。

高精度・高分解能な地球観測衛星データと独自開発の土地評価エンジンでビジネスソリューション開発を行います。
宇宙航空研究開発機構 JAXAの知的財産や知見を利用して事業をおこなうJAXA STARTUPとして認定されており、JAXA職員と農業IoT分野に知見のある開発者が設立しました。

キウイフルーツ
ポテンシャル名産地
発掘プロジェクト

ゼスプリフレッシュプロデュースジャパン株式会社様と協業し、ゼスプリブランドのキウイフルーツの栽培拠点を日本で探索するプロジェクトを進めています。

ゼスプリブランドの品種にマッチしつつ、南半球ニュージーランドと似たような気候条件や地形等を満たす場所を、ここ日本で発掘していきます。 このプロジェクトは、内閣府による2019年度 課題解決に向けた先進的リモートセンシングデータ利用実証プロジェクトにも採択されています。

宇宙ビッグデータを活用した
米生産増の実現

株式会社神明ホールディングス様と業務提携し、宇宙ビッグデータを使ったお米の生産・ブランディングに向けた取り組みを進めています。

日本の農業は、生産者の高齢化、減少にともない、今後の供給力への懸念が叫ばれており、将来的なコメの生産増につながる農業施策として、宇宙のデータや魅力を最大限活用していきます。

畜産業
社会課題解決に向けた研究

東日本電信電話株式会社様と協業し、畜産業社会課題解決に向けた研究を進めています。

乳牛の餌となる牧草の最適な生育環境を宇宙から分析し、生育環境に関するリスク情報や種蒔き時期の情報を提供することで、国産飼料の低コスト化や高品質化を目指すものです。
良い飼料は、おいしい生乳を生活者に届けるための大切な要素です。

MISSION
宇宙ビッグデータを使い、人類の文明活動を最適化する
宇宙は身近になった。人の目と同じ感覚で理解できる衛星写真は、世の姿を明らかにし、ビジネスの幅を広げた。 しかし、もっともっと可能性がある。
陸や海の温度、雨や雪の強さ、風や潮の流れ、人の目に見えない情報を衛星で知ることができる。 誰も住んでいない山奥のことも、地球の裏側のことも。

天地人は、これら「目に見えない情報」を、独自開発の『天地人コンパス』で解析・可視化することで、宇宙ビッグデータのメリットを最大限活用しつつ、まだ誰も気付いていない土地の価値を明らかにする。
土地の本当の価値を知れば、人類の様々な文明活動は最適化される。
地球はもっと住みやすくなれる。
TENCHIJIN
COMPASS
あなたの意思決定を
ナビゲートするコンパス
独自開発の『天地人コンパス』は、宇宙ビッグデータを活用した情報のプラットフォームです。 あなたのビジネスの目的に応じて、蓄積された膨大な量のデータを解析し、重ね合わせることで、価値ある情報へと導きます。
条件を重ねて土地を検索する
例えば、作物の新規圃場を検討する場合、「8月の温度は30度以下、春先の降水量は100㎜~150㎜等」数多くの条件があります。 広域な範囲から最適な場所を探すためには、それぞれの条件をレイヤーとして重ね合わせていくことで、最適な土地を検索することができます。
リスクを可視化する
ビジネスにおいては全ての条件を満足する土地だけが参入候補地になるとは限りません。また気象条件などは変動を考慮する必要もあります。 天地人コンパスは、その土地の様々なデータを分析し、リスクの高低を段階的に可視化することで、意思決定をサポートします。
地上観測点が無い場所も
データ生成可能
あなたの興味がある土地は、温度計や雨量計のある地上観測局から数十キロ以上離れた場所かもしれません。 天地人コンパスは、宇宙からピンポイントでその場所を分析し、その土地固有のデータを時系列で表示することができます。
TECHNOLOGIES
  • 1
    プロジェクトの特徴に
    応じたデータ収集

    天地人は、JAXA、NASA、ESA等の宇宙機関による地球観測衛星や、世界中の宇宙関連企業との幅広いネットワークを駆使して、プロジェクトの特徴に応じた最適なデータセットを提案します。

  • 2
    あらゆるデータを
    取り扱い可能

    天地人にはリモートセンシングを専門とするエンジニアが複数在席しており、地表面温度、降水量、可視画像、SAR画像、NDVI、CO2、NO2など、様々なデータを使いこなすことができます。

  • 3
    ビッグデータと
    機械学習

    過去から蓄積された膨大な宇宙ビッグデータの中に隠れた、まだ見ぬ土地の価値を明らかにするため、天地人では機械学習を活用しています。

  • 4
    Microsoft
    for startups認定

    天地人は、その先進的な事業性からMicrosft for startupsに認定されており、ビッグデータを取り扱うに十分な解析環境が構築されています。

  • 5
    最新の技術動向を把握

    所属する衛星開発経験者の知見を生かし、躍進する宇宙ベンチャーの技術動向をウォッチしつつ、技術の将来性や制約を見据えた上で、ソリューション開発を進めます。

TEAM

天地人は、新規事業開発、衛星画像解析、ビッグデータ解析、機械学習、衛星ハードウェア開発等、多様な専門性を有するメンバーで構成されています。
少し取り扱うのが難しい国内外の地球観測衛星のデータを、スピーディに課題解決に繋げます。

天地人は、新規事業開発、衛星画像解析、ビッグデータ解析、機械学習、衛星ハードウェア開発等、多様な専門性を有するメンバーで構成されています。
少し取り扱うのが難しい国内外の地球観測衛星のデータを、スピーディに課題解決に繋げます。

桜庭 康人
桜庭 康人
CEO/創業者

多様な人的ネットワークと、マインドスコープ株式会社、株式会社センスプラウト等の設立・事業拡大を通じて身につけた豊富な新規事業開発の経験を活かし、株式会社天地人の代表取締役を務める。 農業IoTセンサーの開発経験もあり、ハードウェアからソフトウェアまでその知識は幅広く、天地人サービスをビジネス視点でデザインする。

百束 泰俊
百束 泰俊
COO/創業者

早稲田大学大学院理工学研究科機械工学専攻(修士) 現在、JAXA主任研究開発員でもある。降水観測の「GPM主衛星」、温室効果ガス観測の「いぶき2号衛星」について、全開発工程を担った地球観測衛星の専門家。 NASAゴダード宇宙飛行センター駐在を経験。 大規模システムのプロジェクトマネジメントを専門とする一方で、自ら開発した衛星の観測データを活用しつつ、ビジネスアイデアを創出する。

高山 泰一
高山 泰一
リードソフトウェアエンジニア/創業者

東京大学大学院工学系研究科 先端学際工学専攻博士課程修了(博士(工学)) 衛星やドローンによるリモートセンシング画像の解析・分析が専門。 現在は、東京大学空間情報科学研究センター研究員、および米国シリコンバレーのスタートアップに所属。 三菱総合研究所で長年培った経験を生かしつつ、天地人サービスの開発を進める。衛星通信事業を担当する。

冨永 歩
冨永 歩
社外取締役

2012年より税理士登録。 複数の企業の社外監査役なども務める事業管理、財務・会計のスペシャリスト。 事業推進の部分で、株式会社天地人の屋台骨を支える。

吉田 裕紀
吉田 裕紀
デザインエンジニア

外資系広告会社Wieden+Kennedyのクリエイティブ・テクノロジストとして先端技術を用いたデジタル広告企画やプロトタイプ制作の実績を積んだ後、 日本科学未来館では難解な科学データや地球環境を、一般生活者にもわかりやすく直感的にコミュニケーションする手法の開発に従事する。 専門はインタラクションデザイン。天地人では、UI/UXディレクションとフロントエンド開発を担当している。

木村 紋子
木村 紋子
プロジェクトマネジャー

東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻博士課程修了(博士(工学))。 大学では一貫して流体力学を基礎とした交通渋滞の研究を実施。 株式会社三菱総合研究所を経てフリーランス。 これまで、官公庁向けに自動車、鉄道、航空などの交通政策に関する調査研究、民間企業向けに自動車、ITS分野の新商品開発、海外進出に関するコンサルティングを経験。 専門分野:航空・宇宙、交通、流体力学、自動車・ITS・コネクテッドカー。

浦部 雄平
浦部 雄平
事業開発マネージャー

IE Business School MBA修了。 アクセンチュアにて経営コンサルティングを実施後、楽天にて新規事業開発、海外事業管理、経営企画業務に従事。 その後、Triple W株式会社のヨーロッパ責任者として事業立ち上げを経験。 現在はフランスにて日本とヨーロッパのスタートアップの事業立ち上げ、拡大、海外展開を支援。天地人では海外企業とのプロジェクト、アライアンスを担当している。

是枝 仁
是枝 仁
アートディレクター

フリーランスのグラフィックデザイナーとして2006年より活動を開始。 主に企業ロゴや名刺などブランディング関連のデザイン経験を経て2016年よりライバルスクールズに参加。 現在同社アートディレクターとして外資系企業のローカライゼーションを担当している。

小川 万尋
小川 万尋
エンジニア

筑波大学生命環境科学研究科環境科学専攻(修士)水の循環を科学する学問である水文学が専門。 JAXA研究開発員でもあり、JAXAでは、衛星データを用いた防災事業に従事。 天地人では、一次産業分野の市場分析および水資源に関する研究を担当している。

笠井 誠⽃
笠井 誠⽃
ソフトウェアエンジニア

慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻 に在学。 専門は、深層学習、コンピュータビジョン / 自然言語処理。天地人では、画像解析と機械学習を担当している。

連 欣蕾
連 欣蕾
ソフトウェアエンジニア

東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻に在学。 専門は、リモートセンシング、地理空間情報、深層学習、コンピュータビジョン。 天地人では、アルゴリズム開発を担当している。

陳 柏嘉
陳 柏嘉
ソフトウェアエンジニア

東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻(空間情報研究センター)に在学。 専門は、深層学習、都市計算。 天地人では、バックエンド開発を担当している。

中間 洋子 サラ
中間 洋子 サラ
ソフトウェアエンジニア

ジョージア工科大学理学部物理学科(副専攻:国際開発)に在学。 専門は、宇宙物理学、環境の持続可能性 。 天地人では、ソフトウェアエンジニアとマーケットリサーチを担当している。

岡田 和樹
岡田 和樹
農業研究員

明治大学農学部農学科4年野菜園芸学研究室(明治大学院農学研究科進学予定)に在学。 専門は、野菜園芸学。 天地人では、一次産業でのビジネス開発を担当している。

PARTNERS
MEDIA

UPDATES

2020.1.17

[採用情報]プラットフォームエンジニア(募集は終了しました)

2020.1.17

[採用情報]ソフトウェアエンジニアインターン、事業戦略・広報インターン(募集は終了しました)

2019.9.26

宇宙ビッグデータを使った独自の土地評価サービスを提供する株式会社 天地人が、米国Microsoft社が提供する『Microsoft for Startups』に採択されました

2019.7.29

[急募]ソフトウェアエンジニアインターン、事業戦略インターン(募集は終了しました)

2019.06.12

「人類の文明活動を最適化する」株式会社天地人のHP開設

2019.05.27

チーム天地人が「株式会社天地人」としてスタートしました