2021-12-03

「宇宙ビッグデータ米」の栽培と収穫が完了。神明の直営店とJAXAの宇宙グッズ等の販売店で販売開始

JAXA認定の宇宙ベンチャー 株式会社天地人(以下、「天地人」)は、米卸で国内大手の株式会社神明とスマート水田サービス『paditch(パディッチ)』を提供する農業ITベンチャー株式会社笑農和と協業し、 2021年5月から「宇宙ビッグデータ米」の栽培および収穫を行なってきました。

 

この度、宇宙ビッグデータ米を神明の直営店『米処穂 東京日本橋人形町店』『米処四代目 益屋』と、JAXAグッズ、宇宙食・宇宙グッズ販売をしている『宇宙の店』で12月1日より順次販売開始いたします。宇宙ビッグデータ米は、2合、2kg、5kgの3種類をご用意しました。

 

 

■「宇宙ビッグデータ米」の栽培と販売の背景

 

天地人は、JAXA職員と農業IoT分野に知見のある開発者が設立した宇宙ベンチャーです。地球観測衛星のデータを活用した天地人の土地評価エンジン『天地人コンパス』を使い、農業に関わるプロジェクトを中心にお客さまの課題解決をおこなっています。

 

神明は、基幹事業である米穀事業に加え、無菌包装米飯・炊飯米等の加工食品の製造販売、水産品や青果流通への参入、外食事業の展開など、食に関わる多彩なビジネスを展開しています。

 

笑農和は、全国でスマート農業機器の販売と農業コンサルティングをおこなっています。稲作の工程の中で一番時間と労力を使う「水管理」の工程に着目し、「スマホで簡単に水管理」が出来るpaditch(パディッチ)シリーズを販売しています。

 

農業に関わる我々が抱いている共通の危機感があります。それは「米が足りなくなる」ことです。日本の農業は、生産者の高齢化、減少にともない、今後の供給力への懸念が叫ばれています。農林水産省が行った調査では、農業就業人口は2020年に136.1万人でした。2015年より約40万人も減っており、この減少は今後も続いていくことが予想されています。

 

そこで、天地人と神明と笑農和は、将来的なコメの生産増につながる農業施策として、宇宙の技術を活用した農業を確立するプロジェクトを立ち上げ、栽培に着手しました。

 

■「宇宙ビッグデータ米」の取り組み

 

「宇宙ビッグデータ米」は、3社の強みを活かした新しい取り組みです。

 

まず、笑農和が持っている富山県の圃場から、天地人の土地評価エンジン『天地人コンパス』を活用し、収穫量が増える、より美味しく育つ可能性のある圃場を選びました。

 

そして、笑農和のスマホで水管理を自動化できる『paditch(パディッチ)』を活用。夜間の冷たい水を何時間取り入れることが水温に影響を与えるかを意識し、自動制御を行ないました。

 

天地人としては初めての米栽培でしたが、大きな問題も起きず、美味しさ・収穫量ともに基準値以上を満たしたお米を収穫できました。

 

収穫した宇宙ビッグデータ米は、当初の予定通り神明の直営店『米処 穂』『米処四代目 益屋』にて12月より販売開始いたします。

 

また、お米の出来映えが評価され、JAXA関連の宇宙グッズ等を販売する「宇宙の店」でも販売することとなりました。宇宙の店でお米を販売するのははじめてのこととなります。

 

宇宙ビッグデータを使って新しい場所で高温障害に負けないお米の栽培にチャレンジするということもあって栽培中はデータ分析ばかりしていましたが、実際に水田で育っているお米を目にしたときは、コロナ禍で前に進まなかったときの苦労をふと思い出し、何とも言えない感動で胸がいっぱいになりました。私たちの夢と技術が詰まった美味しいお米をオリジナルパッケージで販売することができて心から嬉しいです。

 

 

■2022年も「宇宙ビッグデータ米」を栽培予定

 

宇宙データビッグ米は、2022年も栽培します。2022年は天地人コンパスで全国から圃場を探し、面積も増やして取り組む予定です。

 

取り組み規模が拡大した背景として、将来的な米の生産効率化、および、生産量増加につながる農業施策として宇宙の資産、技術の活用が今後も期待できる点、また、見回りをしなくても水管理できるスマートな栽培方法が画期的である点が挙げられます。

 

宇宙ビッグデータ米は、「気候変動に対応したブランド米をつくる」ことをひとつの目的としています。近年の地球温暖化によって「高温障害」が多発しており、お米の外観品質の劣化と食味の低下が懸念されています。我々はこの問題に関して、圃場選びや水の管理で回避できると考えており、引き続き我々の栽培方法が有効かを実証していきます。

 

 

■特許技術の土地評価エンジン『天地人コンパス』
宇宙では絶えず膨大な地球のデータ集めていますが、そのビッグデータの中をナビゲートしたいという思いを込めて、『天地人コンパス』と名付けました。今後、ビジネスにおいて最適な土地は、宇宙から見つけることを提案していきます。
天地人コンパス紹介動画:https://youtu.be/uA44Hnl042c

 

■株式会社 神明 会社概要
会社名:株式会社 神明
代表者:代表取締役社長 藤尾益雄
本社所在地:東京都中央区日本橋小網町16-15 神明日本橋ビル
資本金:500,000,000円
設立日:2018年4月5日
事業内容:米穀及び食品の仕入・販売並びに
米穀及び食料品等の生産、加工、販売並びに
輸出入等を行う子会社等の経営管理及び
それに付帯又は関連する事業
サイトURL:https://www.akafuji.co.jp/

 

■株式会社笑農和 会社概要
会社名:株式会社笑農和(Enowa Co.,ltd.)
所在地:富山県滑川市上小泉1797-1
設  立 :2013年2月
事業内容:スマート水田サービスpaditchの開発・運営/スマート農業コンサルティング/農産物の販売・輸出
サイトURL:https://enowa.jp/

 

■株式会社 天地人 会社概要
会社名:株式会社 天地人
所在地:東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー9F
代表者:代表取締役 櫻庭康人
事業内容:衛星データを使った土地評価コンサル
サイトURL:https://tenchijin.co.jp/

TOP