Loading...

JAXAベンチャー天地人が提供する漏水リスク管理業務システム「天地人コンパス 宇宙水道局」。前橋市水道局様が国内四番目の自治体として採用

JAXA認定の宇宙ベンチャー 株式会社天地人(東京都中央区 代表取締役 櫻庭康人)が提供している、宇宙ビッグデータを活用した水道管の漏水リスク管理業務システム「天地人コンパス 宇宙水道局」が、国内四番目の自治体として前橋市水道局様に採用されましたことをお知らせします。

 

 

 

 

 

■日本が抱える水道インフラの社会課題

上水道の「水道管の老朽化」が原因で全国各地で大規模な漏水事故が相次いで発生しています。しかしながら、国内には約140,000km(全体の19.1%)の管路が法定耐久年数を超えており、現状の手法では経年管の点検・維持・修繕を実施するには、多額の費用を要するうえに、広域、かつ、短期間で行うことは困難とされています。さらに、少子高齢化・人口減少により今後税収や職員数の減少が見込まれるため、問題は深刻さを増す一方です。天地人は宇宙ビッグデータを活用し、これらの課題解決に寄与したいと考えています。

出典:水道統計(日本水道協会)

 

 

■「天地人コンパス 宇宙水道局」について

 

※画像は「天地人コンパス 宇宙水道局」のサンプルとなります。色のついている場所は水道管の漏水リスクの恐れのある場所を指しています。漏水リスクの高低差を5段階に分けており、赤色は漏水リスクの最も高い場所を指しています。

 

本システムで日常的に漏水地点を登録・管理することで、AIが蓄積した漏水データを基に漏水リスクを再評価(精度向上が期待)することも可能です。2022年度に行った内閣府との実証実験や他自治体へのヒアリングを通して、本システムの期待できる効果は点検費用が最大65%削減、調査期間が最大85%削減とされています。

 

 

複数の人工衛星が観測したデータ(=宇宙ビッグデータ)やオープンデータから約100m四方の範囲内で漏水リスクの可能性区域を5段階で確認・管理できるクラウド型のシステムです。

 

 

1.複数の人工衛星データ選定

世界各国500機以上の人工衛星から膨大なビッグデータを取得、気候変動の影響も踏まえた漏水リスクを事業体ごとにご提案します。

 

 

2.漏水リスク評価

複数の人工衛星が観測したデータやオープンデータ、劣化・腐食要因や漏水発生情報等から機械学習(AI)を用いて統計学的に解析することで、評価精度を向上しています。

 

 

3.評価内容の確認・管理

クラウド型の漏水リスク管理業務システム「天地人コンパス 宇宙水道局」で評価内容をいつでも確認できるだけでなく、漏水調査結果の入力・管理もできます。

 

 

4.検証・課題抽出

実地検証結果や市民からの通報内容をナレッジ情報として保存・印刷できます。また、AIに学習させることで解析精度を高めることが期待できます。

 

 

■前橋市水道局さまのコメント

漏水リスク評価結果により絞り込んだ箇所について、これまでと同様の漏水探知機や音聴棒を使用して漏水調査を行うことになりますが、従来のすべての管路に対して行う漏水調査よりも、リスクが高い箇所を重点的に調査することが可能となることから、より効率的な漏水調査を実施し、有収率の向上につながると期待しております。

 

 

■株式会社 天地人 会社概要

会社名:株式会社 天地人

所在地:東京都中央区日本橋1丁目4−1日本橋一丁目三井ビルディング5階

代表者:代表取締役 櫻庭 康人

事業内容:衛星データを使った土地評価コンサル

サイトURL:https://tenchijin.co.jp/

Twitter:https://twitter.com/tenchijin_pr

Linkedin:https://www.linkedin.com/company/tenchijin/

 

 

<本件に関するお問い合わせ先>

漏水事業担当:立石、白坂

お問合せ窓口:info-compass@tenchijin.co.jp

↑